検索
  • Little Canada

♪We shall overcome

この話題は、旧ブログでも取り上げました。


中学生のメインテキスト。今週と来週、3年生2クラスで、キング牧師についての長文を読みます。折しも、日本のニュースでも、アメリカと世界の国々で抗議する人々を観ているというタイミング。このテキストでは、別のユニットで、リンカーンも取り上げています。


レッスンでは、キング牧師について、何を知っているか、予備知識を尋ねます。読後、内容確認をしながら、絵本を2冊見せます。


'Rosa' は、Rosa という黒人女性が、バスの席を白人に譲らなかったことから警察につかまり、それをきっかけに、黒人たちの間で、バスに乗らない運動が始まり、やがて、キング牧師のあの有名な演説へと発展する、そのお話が描かれています。


数年前のオープンスクールで、中学生女子グループに、この 'Rosa' のストーリーを題材にしたミュージカルを演じてもらいました。♪We shall overcome, we shall overcome someday... の歌と、キング牧師のスピーチを取り入れて。


生徒たちに気づいて欲しいのは、対岸の火事ではなく、自分たちも、差別され、また、する側かもしれないということ。


ひとつのレッスンが自分で考えるきっかけとなり、彼らの将来に、とても大事なことを思い出してくれる瞬間があると願って。今の彼らなりの考えでいい。先生は補足しながら、引き出す役目。


大人のみなさまには、こんなことを言いたいです。される側への保護や待遇改善で一時しのぎするのではなく、する側の意識や理念が変わらなければ、永遠に解決しない問題ではないでしょうか。キング牧師の演説は先の東京オリンピックの頃。アメリカのレストランから White Only というあからさまな看板はなくなっても、私たちの心の中はどうでしょう。


Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com