Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com

検索
  • Little Canada

International Exchange 2019

土曜日の国際交流の会に参加してくれたみんな、ありがとう。今年のゲストは、これまでで一番私たちと見た目がそっくりな人。中国深圳から徳大の大学院に留学中。英語が上手くて、賢くて、そして謙虚な人柄。


小学低学年生たちがとても集中してプレゼンを聴いていたのがよかった。中学生も積極的な参加、ありがとう。


ゲストについて知る前に、まずは、質問してみよう。中学生は英語、小学生は日本語でいいから、紙に書く。日本語は先生が英語にして読み上げました。


中国出身ってわかったところで、ゲストから、中国について知っていること?と聞かれ、


「シュウマイ!」そだね~、とりあえず、食べることが大事だよね。


他には?また、同じ子が、「餃子!」


食べ物以外にあるかな?パンダとか?と言う先生を押し切り、また、「春巻き!」Oh, spring roll ね。


このやりとりで、ゲストの緊張もほぐれたみたい。食べ物シリーズの小学生、nice reaction!


プレゼンでは、中国5,000年の歴史(え、確か、4,000年だったんじゃあ・・・)、そして広大な国土。地域によって、気候が違えば、食べ物も全く異なるのがとても興味深かった。できれば、もっと中高生にも聴いて欲しかったな~。英語の単語やフレーズを中国語で何というか、どう書くか、教えてもらった時間も面白かった。


ところで、旭化成名誉フェローの吉野彰さんが、ノーベル賞授賞式のため滞在中のストックホルムで、お孫さんを連れてクリスマスマーケットに行かれたとき、記者から、「お孫さんに何を見せたいですか」と聞かれ、「この雰囲気を味わってほしい。ずっと覚えていると思うんだよね」と答えられた。


国際交流の会でも、ゲストが言っていることが全てわからなくてもいい。それぞれが感じたことはきっと、今後の学びの肥やしになると思う。