検索
  • Little Canada

Cheer up してくれる歌 中2クラスにて

金木犀薫る秋。


子どもの頃住んでいた家の玄関に金木犀の木があったので、この季節、どこからともなく香りが漂ってくると、懐かしく、ほっとします。


阿南教室の前庭にもあります。そろそろかな。


さて。


中2クラスで宿題だったスピーチ。お題は、音楽。


気持ちが沈んだ時、cheer up してくれるのは、こんな曲・・・♪♪♪


と、一人ずつ、スピーチの途中でスマホを取り出し、みんなで聴きました。


最後の一人まで終わり、あ~、って先生が少しがっかりしたこと。わかります?


スピーチはみんな素晴らしかったのです・・・が、全員、日本語の歌でした。


全部、素敵な曲だったんだけど、一人くらい、英語の歌詞があってもよかったよなあ・・・と苦笑。


英語の曲はリズムでとらえて、日本語の曲はメロディーでとらえると思うんだけど、後者の方が日本語母語話者には合ってるのかな。


カナダ、トロントのホームステイ先の私の部屋にはテレビがありました。模擬レッスンで疲れて帰ってきて、テレビをつけたら、流れてきた Blondy の Call me。かっこよかったな~。カナダでは、不思議と、日本語の歌が聞きたいと思わなかったです。


ところで、このところ、中2クラスでは、テキスト以外に、先生手作りワークシートで、文法のおさらいをしたり(基礎固め)、一人1文ずつ足して、物語を作る(創作力の育成)など、様々な方向から取り組んでいます。


一つとして、同じレッスンはない。


私たち英語の先生は、何を使って、どんな項目を教えるのかに興味が集中しがちですが、それ以前に、だれに教えるのか、という視点がないといけません。



夏の終わり。ある日の阿南教室裏庭からの夕暮れ。





最新記事

すべて表示

教室サイトをリニューアルしました(2022年10月11日) 「レッスン日記」は「新着情報」内に書きます どうぞ、新しいサイトへお越しください LC English リトルカナダ英語教室 ​