Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com

検索
  • Little Canada

読解力

この力は一朝一夕につくものではない。受験だから、英検に受かりたいからと、付け焼刃の対策をしても、「身」につくものではない。身につく、ってよく言ったもので、時間をかけて、からだに染み込むもの。


小学高学年クラスの読みのワークシート。短いパラグラフ(段落)を読んで、内容確認の質問に答える。初めて見る単語があることも。質問文も英語。でも、さっと読んで答えを書く子。全問正解。頭の中で、1語1語日本語に変換したりしていない。


読んでわかる力。どうやったら身につくの?


英語の習い始めは音から。歌、チャンツ、読み聞かせ(読み聞かせにはコツがある)。


音と文字がマッチしてくる。


フレーズ、文、段落・・・と固まりで読み進める。


同時に作文も始める。


フォニックスなど、ルールを習って単語が読めるようになっても、その先の内容理解のためには、文構造を知ることも必要。


小学生時代に時間をかけてこうしたプロセスを経た子は、読解力が身についている。今週は、小学5年生と高校2年生で、それを再確認しました。


懐かしい。確か、何を着るのか、申し合わせていないのに、みんなの雰囲気が合ってたんだよね。オープンスクールの演目には朗読も。字面を追っているのではなく、内容をいったん自分のものにして語る。日本語の朗読だってそうでしょう。