検索
  • Little Canada

偉人伝

今週、ある高校生(一人クラス)が入ってくるなり、教材を全部持っていないと。遠くから来ている、学校の帰りに来ている、ご両親がお忙しい、などなど、みんなそれぞれに事情がある。英語レッスンのかばんがないから行かない、じゃなくて、来てくれてありがとう。ということで、予定変更。テキストなしでやりました。紙と鉛筆があれば、何とかなるものです、70分。


そう言えば、昔、小学生で、遠くから来てくれていた子が、何も持っていないと泣きながら来てくれたことがあったな~。テキストをお友達に見せてもらったり、先生役をしてもらったり、即興でなんとかなった。


ところで、数年来、折に触れ、気になっているんですけど、いわゆる「偉人」を知らない子が多いこと。よくお勉強している子も含め。


中高生でも、キング牧師やリンカーンを知らない。だから、ガンジーはもちろん、ネルソン・マンデラを知る由もない。


ヘレン・ケラーとサリバン先生。ナイチンゲール。マザー・テレサ。


この中の半分は、中高生のテキストに出てくるけど、名前さえ知らない子もいて毎年びっくり。日本の偉人伝はどうなんだろう。


知らなくても生きていけるし、ましてや、テストに出るんですか?なーんて言われるかもしれない。でも、小学3年生くらいまでに、母国語で伝記を読み、善悪について考え、不条理を感じることって、その後の人生に影響を与えると思う。自分のことを客観的に見ることができ、人に寛容な大人になるために、子どもの頃の読書は大事です。


progress は中高生のテキスト。アンネ・フランクは、昨年度の小6クラスで読みました。

Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com