検索
  • Little Canada

春を待つ

せっかく時間をかけてお稽古してきたのだから、舞台に立たせてあげたい、保護者のみなさまに観ていただきたい。昨年の春の気持ち。


今年は・・・。昨年、いつもとは違う形でもできたのだから今年もできる、という確信と、諸々の制約の中でお稽古を進め、昨年同様の本番を迎えるのはしんどい・・・という、経験したからこその迷いが、ずーっとありました。


だから、年が明けると、いつもなら、はっぴょうかいだよーって、はりきって、前のめりで発表練習を開始するところ、今年は、様子を見ながら。



でも。


子どもたちはすごい。


明らかにやる気だね、小学生たち。


密かにやる気だね、中高生たち。


はじめての発表会が落語の子と、落語だけでなく、あらゆる演目を経験してきた子が一緒のクラス。


「そのとき Sadakichi(さだきち)は走ってるんとちゃうかな」

「きみがその子どもだったら、どんな気持ち?」

「rose って花をどう表現する?」


気がつけば、いつも通りにお稽古をつけていた。


やる気出てきた~。みんな、ありがとう☆☆☆


最初は恥ずかしそうにしながらも、お稽古期間を経て、少しずつ変わっていく子どもたち。春はもうすぐ。


高座に上がる前の自主練中。先生もやりたくなって、ついつい口から出ちゃう。でも、噺を通してのお手本はやりません。真似にならないように。自分で作り上げていけるように。