検索
  • Little Canada

一歩一歩

ママたちからのこぼれ話。

ある中学生が「自分の人生でリトルに通っていないのは3年だけ」と言ったとか。また、別の中学生についても、「英語に行くのは生活の一部になっています」とのこと。


あどけない笑顔で、トテトテと通い始めた頃のことは、どの子も忘れているでしょうけれど、英語は忘れていない。大きくなってから自転車に乗るのを覚えるのって大変だそうです。以前、国際交流会のゲストで来てくれた中国からの留学生が、子どもの頃に練習する機会がなかったから乗れないって言っていました。楽器やスポーツと同じく、英語もからだで覚えるもの(10歳でスペインに渡った久保選手も、ね)。


もちろん、大きくなってからでも welcome。その年齢なりの始め方があります。例えば、高学年で始めたら、ローマ字やカタカナ語の知識も活用して。


それでも、幼児期に始めるといいことがたくさん。ただし、少人数で、それぞれの特性を見て、小学生以降につながるレッスンであるかどうか。


2年前の夏。すでに懐かしいね。この後、メンバーが加わって、毎レッスン、それぞれの持ち味を生かしながら、ステップアップしています。