検索
  • Little Canada

あの日。

10年前の春。第2回目のオープンスクールは、黙祷から始めました。


東北出身の宮澤賢治の作品を5話英訳し、音楽をつけた本、Gorsch the cellist 。震災以前から使ってきた不朽の名作ですが、今年度の6年生クラスでも使っています。今日はちょうどそのクラスの日。もうすぐ中学生になる彼らと、「雨ニモマケズ」英語版 I will not give in to the rain を素敵な音楽*とともに読みます。


*作曲の住友さんは徳島出身で、映画音楽などでも活躍されている方。これは貴重な作品で、1,000冊近くある教室の絵本、リーダーの中でも、ずっと持ち続けたい数冊の中の1冊です。