検索
  • Little Canada

13年半の振り返り

高3生とのお別れはまだ実感がなく、不思議な感覚。約13年と半年。18歳の君の人生の大半、リトルカナダに通ってくれたんだ。

昨夜の最後のレッスンで、振り返りを書いてもらっている間、いっしょにレッスンをした他の子たちのことが思い出された。

リトルカナダは、語彙や文法も重視しているし、受験過去問も取り入れている。英検も見る。でも、英語だけだから、「塾に行きます」と去って行かれることもしばしば。この子のように長く来てくれると、メンバーの変遷が何度もある。せっかくお友達になれたのに、ごめんね、と心の中で何度思っただろう。でも、本人は、振り返りの中で、学校以外の友達ができてよかった、と書いている。こちらの杞憂だったのかもしれない。お別れよりも、出会ってよかった、だね。

「振り返り」から抜粋―

*幼児時代・・・イベントが楽しかった(イースターの卵の思い出)。 *小学生時代・・・学校で英語活動が始まると、自分は英語がしゃべれることに気がついた。 *中学校時代・・・テスト勉強をしなくても、英語はできた。 *高校時代・・・「自分は英語ができる」という実感を本当に感じたのは高校生になってから。国際問題に関心が高まり、進路を考えたのも、英語を習っていたからだと思う。発表会のプレゼンは良い経験だった。

興味深いのは、高校生になってから、英語ができる自分を実感していること。それくらい、英語の習得には時間がかかる。でも、時間をかければできる、ということでもある。

実は、「振り返り」にはもっとたくさん書いてくれている。後日、あらためて、「振り返り」を振り返ります。


Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com