検索
  • Little Canada

青春のリグレット

個人懇談にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。


今日のお題。♪ユーミンの名曲・・・ではなくて、高校生のお話。


教室開設の翌年、まだおむつパンツをしていたかわいい子との出会いと再会のお話。


クラスメイトができるまで、一人でレッスン。お気に入りの絵本の読み聞かせをねだり、私にからだを密着して耳を澄ましていたその子の体温まで、昨日のことのように覚えている。リトルカナダの歴史を作ってくれたメンバーの一人。


小学生時代を経て、中学生クラスでの飛躍を楽しみにしていたけれど、本人に思うところあり、休会ということになった。


高校生になって、リトルカナダに戻っても許されるのかな・・・と思案している(なんて謙虚な)と聞き、もちろん Welcome! 。


不思議なことに、中学時代も継続していたかのような錯覚。幼児、小学生時代に、めいっぱいレッスンを吸収して、強い土台ができていたから、中学でも英語が好きで、そして、自ら、もっと英語で発信したいと気づき、戻ってきた。


「中学生の時に(リトルを)やめていたことを後悔している。それを先生に伝えて」とママに言ったのだとか。みなまで言うな、わかってるよ。


昨今の英語教育改革の大波(大手塾や異業種の英語教育産業への進出など)をかぶり、一時期よりも生徒さんが少なくなったリトルカナダですが、今年で11回目のオープンスクールは折り返し地点。また、11人で教室を始めた頃の気持ちに戻ればよいのだ、と思っています。これは、その子との再会がもたらしてくれた Good idea! (このフレーズが好きな小学生だったな~)。

こちらは、第4回オープンスクールのゲスト、バングラディシュから来ていた徳大の先生。今はオーストラリアでご活躍です。

Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com