検索
  • Little Canada

読みの自動化

2週間ほど前、英語の先生方に、リトルカナダのプライベートレッスンで行っている読み書きアプローチの手順を紹介するセミナーを配信しました。6月に配信したものと同じ内容なのですが、希望される方がいらっしゃったので。


この読み書きアプローチは、夏休みなどに、2回か3回の短期集中でも行っていますが、できれば、10回1セットで継続的に受けてもらえると効果大。


レギュラーレッスンを始める前に、10回1セットで2セット(約半年)行った小学生が、その効果を証明してくれています。


初見の単語でも、音の足し算をしながら、自動的に読める。


これって、感動なんですよ。本人がどれくらい感じているかは別として、教えている私にとっては。


教えられなくても、自ら読み方がわかる子もいます。私もそうでした。外国語の習得は生まれ持った才能だとおっしゃる方もいらっしゃいます。大量の単語を丸暗記できる子もいるでしょう。


でも、そうではない人の方が大多数なのではないでしょうか。そして、みんな、読みたいし、書きたい。


大人たちが、自分が四苦八苦して暗記したやり方や、英語とは程遠い日本語が母語であることを無視したやり方を変えない限り、読めない子はずっと読めないし、個々の特性を生かして方法を修正しないと、回り道をしてどうにかこうにか読めるようになっても、そのつらい過程が嫌になる。


でも、手順さえ間違わなければ、読める。そこから発展して、作文までいきたい。