検索
  • Little Canada

行間を読む

本日22日水曜日で今年のレギュラーレッスンはおしまい。出したばかりのように思う Christmas tree だけど、もうしまわないと。早いな~、12月。


23日、24日、1月5日、6日、7日は冬休みプライベートレッスンです(金曜日は阿南教室にて)。


さて。


読解だけでなく、リスニングでも、行間を読む、つまり、直接的じゃない隠喩表現を読み取れるかどうか、大げさに言えば、これができるかどうかが運命の分かれ道。例えば、英検で苦戦する場合も、実は、行間が読めていないことがあります。


ふだんのコミュニケーションも然り。


じゃあ、どうすれば?


オープンスクールの演目にしている英語落語。これがうってつけ。お稽古を通して、まさに、行間を読んでいく。


朗読もそう。劇も、歌も。


それから、小学生レベル2以上のクラスで使っている本読み記録帳。日本語で短く感想を書く欄。小学生たちの読みの深さに感心することがあります。行間が読めていると、作文でも豊かに表現できるということ。


3学期はオープンスクールのお稽古と、1年間の振り返り、4月からの年度に向けてステップアップ。がんばりましょう。



歌やチャンツでどんどん英語を口にしながら、文字と音の関係の入り口から入ったところ。