検索
  • Little Canada

英語の体幹

「読み書き応援クラス」を設定していることや、読み書きに難しさがある子どもたちへの英語教育についてリサーチしたり、寄稿したりしているので、読み書きに特に力を入れているのかと思われるかもしれませんが、そうではありません。「読む」「書く」「聞く」「話す」と、区別して学べるものではなく、すべてが関連してはじめて、英語を使えるようになるので、どれも必要で、切り離せないのです。いつも私は、カナダ、トロントの先生 Ana の 'Balance!' と言う声を思い出します。そう。バランスが大事。


リトルカナダを見つけて来てくれる新入生の中には、他のお教室からの移籍組もたくさんいます。また、おうちで英語に取り組まれる親子さんも増えました。はじめてお会いすると、保護者様の英語教育への関心が高く、お子様たちも、よく学んできたのがわかる。以前は、「単語いっぱい知っているね」と感心していたのが、最近は、「フォニックスたくさんしたんだね」と感じるようになりました。


ただ、同時に、音声インプットの不足を感じます。また、声に出して練習することをあまりしてなかったのかな、とも。単語カードの暗記やフォニックスの初歩は教えやすいのかもしれないな、なんて、おせっかいながら、思うことも。


小学生時代に、耳と口をたくさん使って英語を習うと、英語の体幹のようなものができて、たとえ、中学生時代に教室から離れたとしても、高校生になって戻って来た時に、その体幹を感じます。実際、そうして再会した子とのレッスンが、今、とてもうれしく、楽しい。


小学生。国、人、食べ物、有名な場所を合わせる。「知らない」「習ってない」で終わらずに、「知りたい」「調べよう」と思えるように。

Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com