Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com

検索
  • Little Canada

目の前にいるのに

日本では、若い人たちが、お茶や食事をせっかくグループでしているのに、各々がスマホを見ている場面に遭遇することがあります。もちろん、そうじゃない人たちもたくさんいるけれど、よく目にすると思います。


シンガポールでは、ローカルのホーカー(屋台の集合体)や百貨店のフードコートなどで、談笑しながらおいしそうにご飯をほおばっている若い人たちを多く見ました。みんな相手の目を見てうれしそうににっこりしながら。


日本での現象については、今は大学生になっている元生徒さんが高校生のとき、友達数人とお茶しに行っても、みんなが黙ってスマホをいじり、目の前にいるのに、ラインを送ってきたりする、それにつきあうのが嫌だ、どうしたらいいだろう、と聞かされたことがあります。何だか窮屈ですね。


グローバルと言いながら、若い人たちを内向きだと感じるのは、子どもたちに一番身近で影響を与える大人もそうだからではないかな。英語教育が貢献すべきは他者との関わり方を考えられる子を育てること。ちょっと壮大だけど、心がないと、英語翻訳 AI と同じ。っていうか、AI もだんだん心が育ってくるんですって。そうなる前に・・・。


お買い物に行く絵本の言い回しを使って、みんなから買ってきて欲しいものを聞き、先生の果物やお菓子のお店に来て、お買い物をし、順番にお友達に届ける。その間、ずっと英語を使って。みんなよくできました💮

同じクラス。この日のフォニックスは、-er 。ペアで単語作り。

小6。中学生になるのが待ち遠しい。数回に分けて読んだ物語の要約を日本語で書く。内容を知らないお友達に伝えるなら、どう話すかを意識しながら。みんな、要点をよくつかみ、時系列に沿って書けました。三者三様の日本語の使い方が面白い。