Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com

検索
  • Little Canada

トップダウンとボトムアップ

最終更新: 2019年10月5日

春のオープンスクールでは、数ある英語教育関連のトピックからひとつテーマを選んで、みなさまにお話させていただいています。今日は、数年前にお話したトップダウンとボトムアップについて、復習。


絵本を例に挙げると、トップダウンは、まず、お話を聞く、文をなぞりながらリピートする、というように、大きい単位からインプットしていきます。絵などの文字以外の情報から、推測しつつ、内容理解をします。


ボトムアップは、単語の意味を調べ、文法、文の構造を習い、和訳する。


VS じゃないんです。バランスの問題。特に、英語を習い始めの小学生時代には、トップダウン主体で。初めて見る単語を「知らない」「わからない」と言わず、たぶんこういうこと?とひらめきたい。


尊敬する大先輩の先生の逸話。小学校で、パパ、ママたちが見学する中、絵本 Brown Bear のレッスンを始めたら、後ろから、「色や動物を先に教えないのか!?」「文法を知らないのに読ませるのか!?」との声が上がったと。それから何十年も経ちますが、どれくらい、みなさまの認識は変化されたでしょうか。子どもたちのレッスン以前に、大人のみなさまにレッスンしたい。自分で体験したら、腑に落ちますよね。


他の教科とは違う、厄介な、でも、仲良くなるととても面白いもの、それが英語。中学以降も、下から積み上げるだけでなく、大きな固まりで聞き、読む。高校生になると、保護者様だけでなく、生徒さん自身が、英語のレッスンを続けていてよかったと実感します。

今年も高校生に見せちゃった。テキストにピーターラビットと作者が登場するくだりになると。ミニチュア本だけど、中にはちゃんと絵とお話がかかれています。イギリスの田舎。作者の家に併設されていたお土産物屋さんで。

#トップダウンとボトムアップ

#徳島の英語教室