検索
  • Little Canada

コミュニケーション

最近、「画面にタッチ」「アプリを開く」「バーコードを読ませる」「カードをスキャンする」・・・など、お客さん側がやることが増え、コミュニケーションが減ってきたように感じることがあります。支払いだけでなく、洋服の袋詰めまで自分でやったときには、お店の人がロボットに見えてきて、血の通った交流を望みたいなあ、とも思いました。そう遠くない未来には、人間がしている仕事の多くが AI に取って代わられるんじゃないでしょうか。これからの子どもたちには、AI にはできないことができる人になって欲しいですね。


そんな意味も込めて、12月の国際交流会は、年齢問わず、一堂に集まり、ゲストも毎年、異なる国、地域から招いて行っています。いつものクラスと違うことで、最初はドキドキしていた子も、時間が進むにつれ、知らなかった知識を得、初めて会う他の子たちと関わる、一期一会の貴重な体験の機会になっています。


懐かしの一枚。スコットランドの民族衣装、キルトで来てくれたゲスト。

エジプトの方。奥様手作りの差し入れの味もみんなの記憶に残っているでしょう。


マレーシアからのゲスト。自分たちとは異なる服装からも感じるものがあるはず。

オープンスクールも含め、他にも、フランス、ケニア、インド、メキシコ、バングラディシュ、カナダ、アメリカ、中国・・・これまでのどのゲストからも、自分の国のことを知って欲しいという強い気持ちを感じました。


さて。今年のゲストとの交流で、みんながどんな表情を見せるのか楽しみです。

最新記事

すべて表示

英検対策 作文

4月からレッスンを始めた小学生、中学生。そして、大人の生徒さんとの新たな出会い。視野が広がりそうで楽しみです。 さて、以前書いていたブログ「英検1級合格への道」からの抜粋です。前回は、スケジュール管理について。今回は、エッセイライティングについて。 英検1級 エッセイ ・・・配点が高いので、うまく書いてやろう、と欲が出ますが、高度な文法や気のきいた言い回しは必要ではなく、決められたルールにのっとり

Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com