検索
  • Little Canada

いますんでいるところはたのしいですか。

最終更新: 2019年12月12日

国際交流会レポート続き。


冒頭のゲストへの質問タイム。中学生は英語、小学生は(高学年がいなかったので)日本語で紙に質問を書き、先生が日本語は英語にして読み上げる。小学生は、予想通り、好きな色や動物を尋ねる質問がほとんど。


そんな中、じっくり考えて、方向性が異なる質問を書いたのが小1の一人。「いますんでいるところはたのしいですか。」


そのひらめき、どこから降ってきたんでしょう。ゲストもうれしそうに、徳島がとても好きだと答えてくれました。


この子の個性を学校でも認識してくれてるかな。


数年来、フィンランド教育を見習おう、って盛んに言われているけれど、日本とは条件が異なる。フィンランドでは1クラスの人数が少ない(私が読んだ記憶では15人程度)、先生は全て大学院で学んでいて、力量が高く、教材に縛られないクリエイティブな授業ができ、尊敬される職業でもある。人口が少ないから国を挙げて教育の意思統一ができる。


日本でも、ダイナミックに公教育が変われば、学校の教室でこれまで見過ごされがちだった子に光が当たると思う。昨年、ある教育大の先生とお話したとき、「(小学校で英語の授業が下の学年に降りてくるし)民間の役目はもう果たしたかな~、って思うんです」と言うと、大きく手を横に振りながら、「ぜーんぜん!まだまだがんばってください」と返されました。


一隅を照らす教室でありつづけたいな。年の瀬、ふとそんなことを思います。


昨年11月の京都タワー。今年はどんなのかな・・・。想像しながら、今年も素晴らしい子どもたちとレッスンができたことに感謝☆


Call Us: 088-654-6054  /   tenrivers@littlecanada.net   /  5-7, Minamisako 3bancho, Tokushima-shi, Tokushima 770-0033

LINE Official Account: littlecanada

  • Literacy Seeds 英語読み書きの種

© 2020 by Little Canada English School Proudly created with Wix.com