検索
  • Little Canada

「英語読み書きの種」

今週は、とってもうれしいことがありました。


久しぶりにご連絡させていただいた先生から、思いがけず、数年前に出した拙著を今でも活用してくださっているとお聞きしたのです。


出会ったのは、あるセミナー。教材会社、英語劇、英語落語、などなど、様々なところでお勉強させていただきましたが、一期一会になることも多い中、何度もお会いし、別れ際にはハグしてくれる、心優しい方。お知らせしたいことがあったからメールした・・・は、ほぼ口実で、こんな折り、どうされているのか、気になったからでした。


お元気でお教室をされていて、その上、レッスンの振り返りにも拙著をお使いいただいているとのこと。


どこかで、だれかのお役に立っている。


本を出したとき、この業界の大御所の方から、「必要なことが全て入っています!」と身に余る光栄なお言葉や、保護者のみなさまからも、「先生とお話しているみたいに読めました」「涙が出てきました」と、それぞれのお立場、状況からの貴重な感想をいただきました。


悩めるご家族に届け~、というつもりで書いたので、遠く離れたところで、私の知らない生徒さん(とそのご家族)に届いていたことに、感謝、感激でした。



Amazon でお取り扱いしています。